FC2ブログ
恋愛カテゴリー ②
恋愛カテゴリー ②
この記事は前の記事の
トットさんへのコメント欄に書いたんだけど
もちょっと詳しく書こってことで
記事にしてみたべ

--------------- 前回のつづき ---------------
STORY:
トトロっちが大好きで、骨抜きにされちゃった「彼女」こと
愛ちゃん。
残念ながら今は、自分自信の為にお別れして会わないようにしてます。
彼女の言うことなら、トトロっちなんでもしちゃうのでした。
人って自分のことを理解してくれる人を1番に考えるもんねっ

通称:あいちゃん

足しげくお店にかよい
本気で愛をぶつけたのです。
でも全然スルーなまま時は過ぎ
ある事件であいちゃんを守ったことを
きっかけに体の関係をもつようになりました。
人間的にも・肉体的にも結びつきが深くなったころ

彼女に
「あたし結婚してるんだ」
って打ち明けられました・・・
ガーン!だけど・・・正直燃えました
(人妻サイコー)
ってね

でも、彼女にはあるたくらみがあったのです。
ある日、彼女に誘われました。
「家にきてよぉ、今日旦那帰ってくるの遅いし一人だと怖いんだよぉ」
夜は一人で寝ることができないという超かわいいあいちゃん。
正直新婚の家に何の面識も無い男が泊まりいくシチュエーション
ありえなさすぎなので、びびってたし 乗り気しません!

最初は体の関係があることは隠しておくから!って言われたので
いつも旦那がいないとき相談に乗ってる親切な人ってことで
(ってかそれだって怪しさMAXだべ)
愛する彼女の為にお家に行きました。

旦那が帰ってきてもう記憶にもない緊張の会話の数々・・・
初めての新婚の他人の家でのお泊り、しかも旦那とは初対面・・・
もう寝てしまえ!ってことで具合が悪くなったフリで寝ました。

川の字で、3人で一緒のお部屋です・・・
(別の部屋にシテクレ・・)

Oh、奥さん!布団に手を入れてきておてぃんてぃんサワッテキマース
(ばれるべよぉぉぉぉぉぉお)

顔をみると、「ちゅぅして!」って顔してます!
しかし、その彼女のうしろには旦那が!

コツンとおでこをたたいて、寝なさい!のサイン

彼女はふくれて、旦那のほうを向いてまたおてぃんていんいじり・・

気にせず、トトロっちは寝てしまいました。
寝心地のわるい・・・奇妙な一晩でした。

翌朝!事件は起きました。
まだ、トトロっちが寝ていると思い
彼女が旦那とお布団で話しています・・・
トトロっちは寝たフリをしながら会話を聞いています・・・
この間のトトロっちの心の動揺を想像しながら
皆様もお聞きください



彼女:「彼ね、すごくいい人なんだよぉ。いつでも相談にのってくれるし」
彼女:「おてぃんていんもね、○○ちゃん(旦那)よりおおきいよぉ」
旦那:「なにっ お前ら体の関係あるのか?」



Noぉぉぉぉおおおおおお!!!← トトロっちの心の叫び






彼女:「あっ・・・えへっ^^」
旦那:「まぁ、うすうすは気づいてたけどな」
彼女:「うん、○○ちゃんいい子ぉ、私彼のこと好きなのぉ」
旦那:「俺だけじゃダメなのかよ」
彼女:「彼もぉ。彼もぉ」
旦那:「まぁ、○○ちゃん(彼女)をちゃんと守ってあげれるなら、俺はいいけどな」




・・・・・その間 トトロっちは
いつ刺し殺されるかもしれない恐怖と戦いながら、
このありえない会話の成り行きをみまもっていました。
・・・そんなわけで、彼女との三角関係ははじまったのです、
公認という究極の形で・・・
はじめから仕組まれていた彼女のさくせんであるともしらず・・・

ということで次回 恋愛カテゴリー ③ に続きます。




【 2006/02/01 10:51 】

手に入らないもの | コメント(13) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ